カップ麺にネギを刻んで入れる人は将棋をやらない方が良い

スポンサーリンク
スポンサーリンク

将棋が強い人の特徴はいろいろありますが、「絶対に将棋に向いていない」と私が思っている特徴のひとつがこれです。「カップ麺にネギを刻んで入れる人は将棋をやらない方が良い」ということを力説していきたい。

しょっぱなから「食事の仕方が将棋の強さに関係あるのか!」と言われてしまいそうですが、大アリです。ということで順を追って説明していきましょう。読み終わる頃には納得していただけるはず。

スポンサーリンク

将棋は点と点とを線でつなぐゲーム

将棋の観戦をしていて逆転が起こったとき、解説や感想戦で「変調」という言葉をよく聞きませんか?

「うっかりで大悪手を指してしまった」という逆転以外では「変調」が原因の場合と「そもそも解説の棋士にも原因不明」の2パターンくらいしかありません。あと反則負け

後者はトップ棋士同士の対局で稀に起こるのですが、基本的に逆転が起こるきっかけは「変調」が原因になることが多めです。

さてこの変調とはどういうものかと初心者の方にむけてひとことで説明しますと、急に調子がおかしくなること。単純に言い換えてしまえばこれまでの指し手との一貫性がない手を指した状態です。

棋士の思い描いた構想通りに手が進んでいれば大抵の場合は調子が良いわけです。良くなると思って指しているのですから。それなのに途中で手を変えるということは「どうもうまくいかないらしい」とある程度進んでから気づいてしまったわけで、そうなると調子が良かったのは過去のこと。これまで指した手が無駄に。それで済めばまだましで、悪手にさえ化けてしまうことも多々。

これでは自分の勝ち筋にたどり着くまでに大幅な遠回りをするどころか途中で道が切れていることさえあるわけで。

将棋は初期局面から自分の勝ちの局面までしっかりと線で結ぶことが出来たほうが勝つゲームです。級位者の方がよく指摘される内容に「指し手の一貫性がない」というものがありますが、それは自ら勝ちを遠ざけているようなもの。

指し手に一貫性を持たせるために

指し手に一貫性がないと形勢を悪くすると言われても「じゃあどうすれば改善できるのか」という話になってしまいます。が、答えは単純で「指した手の意味をしっかりと引き継ぐ」という当たり前の答えになります。

ところが級位者の場合はこれが曲者で、自分の読みに無い手を相手に指されると「どう対処しようか」という考えが先行し、自分が指した一手前の手の意味ですらスポーンと綺麗に抜け落ちてしまいがち。そして悪手の海という迷宮の中へ迷い込むわけです。

ゴールに向かって進むためには「自分はいまどちらから来て、どちらへ向かっているのか」を常に忘れてはいけません。

さて、そのためにはまず今の局面をしっかり分析しないといけないわけです。

自分の選んだ戦法、選んだ囲い、相手の戦法、相手の囲い…それらの情報と自分がここまでやってきた駒組み、相手の駒組みからどう指していくべきかをそこから考えていく。それが指し手に一貫性をもたせていくことに繋がります。

この手順を飛ばして考えると、後から「あれ?こんなはずじゃ……」となってしまい「変調」の出来上がりですからね。

カップ麺とは何か?

はいここでやっとカップ麺に話が戻ります。

カップ麺とは何かを考えてみましょう。近年はいろいろなタイプがあります。蓋を開けたらお湯をそそぐだけのもの。粉末スープのものと液体スープのもの。スープの粉末や液体を食べる直前に入れるもの…….パターンは相当あります。最近では有名なラーメン店とのコラボ製品なんかもだいぶ増えてきていますね。

が!結局のところは「調理要らずでお湯さえあれば食べられる」のがカップ麺ではないでしょうか?「箸は要るやろ」とかいう野暮なツッコミは全スルーします。真面目な話をしているので!

カップ麺単体でコストなりに美味しく食べられるように、プロの方が調査し、考え、試行錯誤し、たくさんのテストを経て偉い人のGOサインを受けて世に出たオールインワンの食品、それがカップ麺です。

この手間が要らないというのがカップ麺最大のメリットであると思うわけです。

カップ麺に手間を足すのは「変調」である

ここで2つの点が1本の線で繋がります。

カップ麺とは手間を省くことをメインに考えられた食品です。なので、ここでわざわざカップ麺のために「ネギを刻んで投入する」という行為は「手間を省く代わりに、調理タイプのラーメンより高いコストを払っている」というカップ麺のメリットを捨てにいっていると言えませんか?

つまり「変調」です。これがそう。

もし貴方がここで「いや手間をかけてでも美味しく食べたいじゃないですか」というのなら、最初から調理タイプを選べば良いのです。調理タイプなら手間をかけるのが必須な代わりに麺もスープも「コストが安いもの」から「値段はカップ麺並だがラーメン店でも使われているのと同じもの」果ては「完全な自作品」まで選びたい放題なのですから。どうせ手間をかけるつもりなら最初からかければ良いのです。

さいごに

おかわりいただけたでしょうか?

おわかりいただけたでしょうか?

カップ麺に手間をかけるということは変調」なので将棋に大事な指し手の一貫性という概念が身についていないわけです。それが「カップ麺にネギを刻んで入れる人は将棋に向いていない」と私が冒頭で述べた理由でした。

これが私が言いたかったことの全てです。

真面目に考察をしていたので「日清のラ王と裸王で何か1ネタかましたいな」とは一切思っていません。

コメント